熊本市中央区交通センターより徒歩10分の歯科医院です


by aloha0035

中今(ナカイマ)を生きる

本日のモーニングセミナー講話者は田邉正広氏(山崎菅原神社 宮司)で
「神道の死生観」という題でお話しいただいた。
私も楽しみにしてこの日を迎えた。
千年以上の歴史があり、遷座をくり返し西南戦争時に消失し
現在の地に社殿を構えたそうだ。
昔は山崎町より広い地区が山崎村であったためこの名がついたようだ。

今生きている自分は、永久に続いている命の繋がりの中の「今」を
生きている。自分はあくまでも命のリレーの中にいるのであり、ご先祖様の
お蔭で今の自分がいて、その命を未来に繋げることを日本人は大事にしていた。
これが「中今を生きる」という考え方。(提供された資料より)

死んだら家の守り神となる。
日本人は「神様(ご先祖様)は見てござる」という意識があるからこそ
高いモラルの中に生きている。
また、死を穢れとしているが、ケとは気力が枯れた状態を示す。
日常と非日常と区別するためのに「清め」の行為として
清め塩があるという。忌み嫌うという事でない事を初めて知った。

ムム・・前席2人は私よりずい分速くカルデラ完走した倫友だ。
e0048994_10140161.jpg
昨日は6月で年度末となる歯科医師会の集いに参加した。
e0048994_10234954.jpg
「叩いてかぶってじゃんけんポン」
てれっと仲間のカルデラ完走の友人は完璧な防御を見せていた043.gif
e0048994_10272024.jpg
活躍した後輩
彼も「中今」を生きているんだな~026.gif
e0048994_10274079.jpg

by aloha0035 | 2015-06-12 10:29 | 日記 | Comments(0)