熊本市中央区交通センターより徒歩10分の歯科医院です


by aloha0035

神経障害

昨日は三叉神経・舌神経障害への対処法について研修会に参加した。
講師は藤田茂之教授(和歌山県立医科大学 口腔顎顔面外科学講座)
この分野のエキスパートである。
e0048994_543240.jpg

埋伏智歯抜歯において下歯槽神経はレントゲンで確認できる事もあり注意して施術に入るが
意外と舌神経への配慮は欠けている。レントゲンで確認できないばかりでなく
多くの破格が確認されているようで切開ラインの設定に注意が必要なようだ。
7の舌側傾斜と肥満による臼後部の厚みに騙され舌側に切開してしまうという。
環状靭帯切離を確実に骨膜弁の剥離を注意深く行うと舌側骨膜内に白帯状に確認できる
ことがあるので、確実に剥離子でよけて施術する方法を学んだ。
下顎神経は吻合術で回復するようだが、舌神経の味覚に関しては難しい
6~8時間にも及ぶ顕微鏡下神経吻合術など初めて観せて頂いた。
偶発症を避けるよう注意していこう
多くの参加者で関心の高さがうかがえた。
e0048994_594855.jpg

夜は先輩や医科の先生と食事会に参加した。
医科歯科裏話など伺い楽しく過ごした。
有難うございます。
e0048994_5162046.jpg

ながた歯科医院
by aloha0035 | 2013-05-19 05:16 | 日記 | Comments(0)