熊本市中央区交通センターより徒歩10分の歯科医院です


by aloha0035

介護

今朝のモーニングセミナー講話者は濱野裕生氏(シンガーソングライター)
実母の介護を続ける氏がその様子や心情を綴った詩を唄う。
要介護2から始まった介護生活は8年続き、数年前より要介護5となっており
息子である自分のことも分からないという。
「母が母であって欲しい。」という想いで続け
「母が母に戻る時」もあり嬉しいという。
季節感のある詩で情景が浮かぶようだ。
濱野氏は末っ子で、他に御兄弟がいらっしゃるようだが
「親子でも合う・合わないがある・・。」話されていた。
70歳前の兄・姉には負担が重く、介護により健康を害することもあるようで
日本社会の一端を見た気がする。
e0048994_10212443.jpg

by aloha0035 | 2011-05-27 10:21 | 日記 | Comments(0)