熊本市中央区交通センターより徒歩10分の歯科医院です


by aloha0035

感染症

昨日、講演会に参加してきました。
講師は 中川種昭先生(慶応大学医学部 歯科口腔外科教授)
口腔外科なのであるが、ご出身は東京歯科大 歯周病学講座
「感染症としての歯周病とその治療」という題であった。
メタボリックドミノと同じようにペリオによる咬合崩壊ドミノは
理解しやすかった。
医科の先生より「歯周病は感染症なら抗生剤でたたいたら・・」との
意見が多いらしく、菌種が多くバイオフィルムをつくるので
急性時には効果があるが、簡単ではないと応えられるようだ。
肥満は身体が炎症状態にあり、歯周病と相互に関与するという
突然起こるインプラントのディスインテグレーションは
オーバーロードの「力」の影響が大きいといわれているが、
力だけではなく細菌が大きく影響していると話されていた。
学生時に憶えた菌名はいつのまにか変っていた。変わるものなんだな~
残念ながら健康保険には歯周治療における細菌検査の項目は無い。
治療における加齢という因子も考慮することを学んだ。
e0048994_8105144.jpg

by aloha0035 | 2010-11-28 08:08 | 日記 | Comments(0)